スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

腸内細菌と糖尿病

HOME>治療その他>腸内細菌と糖尿病

肥満や糖尿病の人は、健康な人と比べて一般的な腸内細菌のレベルが低いことが分かりました。肥満の人が12,5%低く、糖尿病の人は11,5%低く、この腸内微生物が代謝性疾患リスクのマーカーとなり得て、治療するための標的になる可能性があるとしています。

参考サイト:HealthDay

腸内細菌は乳酸菌が有名ですけど、それはほんの一部に過ぎません。数百から1000種類ぐらいの菌が存在します。
善玉菌、悪玉菌、日和見菌に分けられ、悪玉菌が多いと害を及ぼし、善玉菌が多いと病気に対して強くなります。
乳酸菌は、善玉菌の餌になるから良いとされていますが、ほとんどが日和見菌ですから、食生活のバランスが悪い人は、悪玉菌が増えてしまいます。
その結果、病気にも悪い影響を与えるのだと思います。

また、腸だけではなく、脳はもちろん、肝臓・心臓・筋肉・肺などあらゆる臓器から信号が出ていて、体のバランスを保っている事が分かってきました。
ですから、食事と運動や睡眠なども健康維持には大事な事になるのでしょうね。
スポンサーリンク

テーマ : 糖尿病   ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
サブカテゴリ
最新記事
糖尿病の民間療法
小麦若葉青汁濃縮エキス

・ブログ村
・人気ブログランキング
・FC2 BlogRanking

RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
医療情報サイト
妊娠・妊婦・不妊の最新情報
赤ちゃん元気に育て!
前立腺の最新情報
乳癌治療最新医療情報
脳の病気医療情報
子供小児の病気医療最新情報
関節・骨・筋肉の医療最新情報
子宮の病気治療最新情報
皮膚の病気医療最新情報
肺の最新医療情報
新薬承認最新情報
生活密着の健康医療情報
胃・腸・食道の最新医療情報
心臓・血管・血液の最新医療情報
ちこっと寄ってかない
腎臓・尿・膀胱の最新医療情報
うつ病関連の最新医療情報
ワールド・ヘルス・インフォ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。