スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

2型糖尿病の予防・初期治療にビタミンD

HOME>予防>2型糖尿病の予防・初期治療にビタミンD

オーストラリアのハリー・パーキンス医療研究所の発表によると、 マウスの実験において、ビタミンD、リトコール酸(LCA)プロピオネート、および他のビタミンD受容体作動薬で治療することは、2型糖尿病の発症に関連しているベータ細胞の脱分化を停止したことを発見しました。

2型糖尿病は、膵臓のβ(ベータ)細胞が十分な量のインスリン(血糖値を調節するホルモン)を産生できない場合、または身体がインスリンを効果的に使用できない場合に生じる最も一般的な糖尿病の形態です。

肥満、肥満、高血圧、および高コレステロールは、2型糖尿病のもう一つの有名な危険因子ですが、これまでの研究では、低レベルのビタミンDもまた役割を果たすかもしれないことが示唆されていました。

ビタミンDがいかに低濃度で2型糖尿病の発症に繋がるかは不明でしたが、この研究結果により、治療方法につながるかも知れないとしています。

研究では、高グルコース環境(高血糖値?)では、β細胞におけるビタミンD受容体の発現が減少し脱分化をもたらし、ベータ細胞はインスリン産生能を失いました。

そこで、ベータ細胞をビタミンD、ならびにLCAプロピオネートを含むビタミンの類似体および誘導体で処理しました。

その結果、これらの化合物のすべてがベータ細胞のビタミンD受容体の発現を増加させることを発見しました。
これは、インシュリンをコードする遺伝子の発現を増加させ、脱分化から細胞を保護する事を意味します。

この分子がベータ細胞のインスリン産生機能を保護し、2型糖尿病を予防または治療するために使用できることを示唆しているとしています。

情報ソース:MNT

上記の研究結果から判断すると、ビタミンDサプリメントの服用によって、インスリンの産生機能が回復するかもしれないと言うことだと思います。
今後の研究が待たれるところですが、ビタミンDサプリメントは手軽に入手できますから、許容範囲の用量でサプリメントを利用する事も良いかも知れません。その際は、医師や薬剤師に相談してから服用する方が良いでしょ。

糖尿病患者の口腔管理
スポンサーリンク

テーマ : 糖尿病   ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
サブカテゴリ
最新記事
糖尿病の民間療法
小麦若葉青汁濃縮エキス

・ブログ村
・人気ブログランキング
・FC2 BlogRanking

RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
医療情報サイト
妊娠・妊婦・不妊の最新情報
赤ちゃん元気に育て!
前立腺の最新情報
乳癌治療最新医療情報
脳の病気医療情報
子供小児の病気医療最新情報
関節・骨・筋肉の医療最新情報
子宮の病気治療最新情報
皮膚の病気医療最新情報
肺の最新医療情報
新薬承認最新情報
生活密着の健康医療情報
胃・腸・食道の最新医療情報
心臓・血管・血液の最新医療情報
ちこっと寄ってかない
腎臓・尿・膀胱の最新医療情報
うつ病関連の最新医療情報
ワールド・ヘルス・インフォ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。