スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

肉食は糖尿病リスクが高い

HOME>リスク>肉食は糖尿病リスクが高い 

植物ベースの食生活は、一般的に糖尿病のリスクを予防する上で肉ベースの食生活よりも健康と考えられていますが、すべての肉が同じリスクに影響を及ぼすわけではありません。
赤肉と家禽(鳥の肉)の摂取量が増加していることが、糖尿病発症リスクの有意な上昇と関連していることが分かりました。

シンガポールのデュークNUS医科大学(Duke-NUS)の研究では、1993年から1998年の間に45-74歳の63257人の成人を募集し、その後平均約11年間追跡調査をしました。

赤肉と家禽(鳥の肉)の摂取量が最も低い25%のグループは、最も高い摂取量の25%のグループと比較して、糖尿病のリスクが赤肉で23%、家禽で15%増加しました。

これらの肉には、ヘム鉄の含有量が高い事が分かりました。そして、それが糖尿病のリスクと関係がある可能性があるとしています。

しかし、赤肉の場合、ヘム鉄の含有量を考慮しても、糖尿病リスクがあることから、ヘム鉄以外にも他の化学物質が関係していると考えられます。

一方、家禽の場合は、ヘム鉄含有量を調整すると、糖尿病リスクがなくなることから、ヘム鉄含有量が影響している事が示唆されます。

赤肉お摂取量増加や食事のヘム鉄含有量の増加が、糖尿病リスクを上げる可能性があるとしていて、これまでの西洋での研究結果と一致しているとしています。

尚、これらの肉の摂取を魚介類に置き換えることで、糖尿病リスクは減少しました。

参考サイト=EurekAlert


糖尿病リスクの高い人(過去記事=「フタル酸塩は、糖尿病リスク」 「農薬は、2型糖尿病リスクを上げる」 「プラスチック製品は、糖尿病リスクを上げる可能性」 「睡眠時無呼吸症候群と2型糖尿病のリスク」「遺伝」など)は、太ももに比べて胸肉などのヘム鉄含量の低い鶏肉の方を選ぶなどして、予防に努めましょう。
一度、糖尿病を発症すると、大きく生活が変わってしまい、様々な制限がある中での生活になります。
そうならない為にも、健康な内に少しだけ節制した生活をされた方が良いと思います。

スポンサーリンク

テーマ : 糖尿病   ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
サブカテゴリ
最新記事
糖尿病の民間療法
小麦若葉青汁濃縮エキス

・ブログ村
・人気ブログランキング
・FC2 BlogRanking

RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
医療情報サイト
妊娠・妊婦・不妊の最新情報
赤ちゃん元気に育て!
前立腺の最新情報
乳癌治療最新医療情報
脳の病気医療情報
子供小児の病気医療最新情報
関節・骨・筋肉の医療最新情報
子宮の病気治療最新情報
皮膚の病気医療最新情報
肺の最新医療情報
新薬承認最新情報
生活密着の健康医療情報
胃・腸・食道の最新医療情報
心臓・血管・血液の最新医療情報
ちこっと寄ってかない
腎臓・尿・膀胱の最新医療情報
うつ病関連の最新医療情報
ワールド・ヘルス・インフォ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。