スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

腸が2型糖尿病発症に重要な役割

HOME>予防>腸が2型糖尿病発症に重要な役割

最近の研究によると、腸管および消化管が2型糖尿病の発症に重要な役割を果たしていることが分かりました。
胃排出速度が食後の血糖値に及ぼす影響を明らかにし、結果として生じるグルコース関連ホルモン放出は、2型糖尿病の発症に関与していると言う事です。

胃腸管が食後血漿(しょくごけっしょう)グルコースの調節およびGIPおよびGLP-1として知られるインクレチンホルモンの分泌にどのように寄与するかについて研究しました。

その結果、GIPおよびGLP-1が、血液中のグルコースレベルを制御するために膵臓β細胞(すいぞうべーたさいぼう)によるインスリン細胞の放出を誘導および調節するのを助けることが分かりました。
そして、2型糖尿病おけるグルカゴンの過剰分泌においても腸が役割を果たしているとしています。

参考サイト:HealthDay
血漿グルコースとは(ウィキペディアより)
血液中の糖類の事を言います。だから、血糖値と一般に言われている言葉は、本来ならば血漿グルコースといわなければなりません。

インクレチンホルモンとは(ウィキペディアより)
消化管ホルモンの総称です。GIPおよびGLP-1の2種類のホルモンは、いずれも血糖値依存的に膵臓のβ細胞からのインスリン分泌を促進する役割を果たしています。

グルカゴンとは(ウィキペディアより)
炭水化物の代謝に重要な機能を持っていて、インスリンとともに血糖値を一定に保つ作用をするペプチドホルモンです。インスリンとは反対に血糖値が下がって糖を必要とするようになった時に働きます。 胃の底部に最も多く分布すると言われています。

参照サイト:UPI
2型糖尿病の発症予防には「フェンテルミン&トピラマート薬が2型糖尿病発症を減少」「地中海ダイエットは2型糖尿病予防に」と言われていますから、参考にして下さい。
スポンサーリンク

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
サブカテゴリ
最新記事
糖尿病の民間療法
小麦若葉青汁濃縮エキス

・ブログ村
・人気ブログランキング
・FC2 BlogRanking

RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
医療情報サイト
妊娠・妊婦・不妊の最新情報
赤ちゃん元気に育て!
前立腺の最新情報
乳癌治療最新医療情報
脳の病気医療情報
子供小児の病気医療最新情報
関節・骨・筋肉の医療最新情報
子宮の病気治療最新情報
皮膚の病気医療最新情報
肺の最新医療情報
新薬承認最新情報
生活密着の健康医療情報
胃・腸・食道の最新医療情報
心臓・血管・血液の最新医療情報
ちこっと寄ってかない
腎臓・尿・膀胱の最新医療情報
うつ病関連の最新医療情報
ワールド・ヘルス・インフォ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。