スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

スルフォラファンが血糖コントロールの可能性

HOME>食事>スルフォラファンが血糖コントロールの可能性  

スウェーデンのイェーテボリ大学の研究によると、カリフラワー、ブリュッセルの芽およびブロッコリーなどの野菜に見られる化学物質スルフォラファンが、肥満のタイプ2糖尿病患者の頑固に高い血糖値の抑制に役立つ事を発見しました。

研究では、2型糖尿病患者97人(スカンジナビア人)を対象にしました。 ほとんどすべての人が2型糖尿病の第一選択薬であるメトホルミンを使用していて、彼らの大半はうまくいっていましたが、37人の患者がまだ血糖値を上手くコントロールしていませんでした。

97人の約半分は、通常の薬物療法に加えて、スルフォラファンパウダーを1日1回、12週間服用するようにランダムに割り当て、残りの半分はプラセボ(不活性)粉末を与えました。

その結果、肥満で血糖値のコントロールが不十分な患者にのみ有効でした。万能ではありませんでした。

この研究は小規模で短期間の研究であり、かつ、体内でインスリン(血糖調節ホルモン)を正しく使用できなくなったときに研究されていないので、直ちにスルフォラファンが血糖コントロールに使用されるものではないとしています。

今後の研究は、糖尿病予備軍の人たちが、糖尿病を発症しない為に利用できないかに主眼を置いて研究していくそうです。

スポンサーリンク

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
サブカテゴリ
最新記事
糖尿病の民間療法
小麦若葉青汁濃縮エキス

・ブログ村
・人気ブログランキング
・FC2 BlogRanking

RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
医療情報サイト
妊娠・妊婦・不妊の最新情報
赤ちゃん元気に育て!
前立腺の最新情報
乳癌治療最新医療情報
脳の病気医療情報
子供小児の病気医療最新情報
関節・骨・筋肉の医療最新情報
子宮の病気治療最新情報
皮膚の病気医療最新情報
肺の最新医療情報
新薬承認最新情報
生活密着の健康医療情報
胃・腸・食道の最新医療情報
心臓・血管・血液の最新医療情報
ちこっと寄ってかない
腎臓・尿・膀胱の最新医療情報
うつ病関連の最新医療情報
ワールド・ヘルス・インフォ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。