スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

1型糖尿病患者の外部人工膵臓機器の比較

HOME>治療1型>1型糖尿病患者の外部人工膵臓機器の比較

1型糖尿病患者が血糖をコントロールするための機器3つの効果を比較した研究が報告されました。
比較研究の対象とした血糖コントロール機器は、1=従来のインスリンポンプ、2=シングルホルモン人工膵臓、3=デュアルホルモン人工膵臓の3つです。

従来のインスリンポンプはご承知の通りです。
シングルホルモン人工膵臓機器とは、血糖値を自動で測定して、目標とする血漿グルコースの範囲に近づくために、自動でインスリンだけでを提供する機器です。
デュアルホルモン人工膵臓機器とは、インスリンとグルカゴンの提供により制御するタイプの機器のことです。

研究では、上記の3つの機器を被験者全員が使用しました。使用時間は、1機器に付き24時間使用しました。
その結果、目標設定した血漿グルコースの最小値と最高値の間に、24時間の内、どのくらいの時間制御されていたかを比較した所、平均でインスリンポンプで51%、シングルホルモン人工膵臓機器で62%、デュアルホルモン人工膵臓機器で63%でした。
インスリンポンプで12,24時間、シングルで14,88時間、デュアルで15,12時間が、目標範囲に制御されていました。

インスリンポンプより明らかに人工膵臓機器の方が、良い結果となりました。
また、低血糖リスクも、人工膵臓機器がインスリンポンプより低くなりました。そして、シングルよりデュアル機器の方がより低血糖リスクが低くなりましたが、夜間だけ低血糖を制御するのであれば、シングル機器でも可能であるとしています。
情報ソース=MNT

日本では、人工膵臓機器は認可されていません。血糖値を連続測定して血糖値を目標範囲にするためのインスリンやグルカゴンも自動で供給される機器は、糖尿病患者の生活の質を大きく改善するものです。
当サイトの調べでは、人工膵臓を販売しているのは、「Medtronic(メドトロニック)」と言うアメリカの会社です。
商品名は、「MiniMed Paradigm RevelTM Insulin Pump」と言います。
この商品は米国で承認されていますが、日本では申請しているか否かも分かりません。

海外ではこの商品がネットで販売されていて、新品はもちろん中古品もあります。個人所有の商品なら購入することも可能ですが、本来は医師の処方箋が必要になります。
この商品を購入できたとしても、周辺機器や薬剤の購入も必要ですから、メーカーから購入する方がベストです。
この商品とは違うのですが、3日だけ連続して血糖値を記録できる商品を、日本での発売前に購入した医師がいます。
医師が取引のあるメーカーが販売していた商品なので入手できたようです。

日本の医師に頼んで海外から購入することが出来るのかどうか分かりませんが、個人では無理だと思います。
価格は、20万から60万位です。中古品や型落ちの商品は安いです。
この人工膵臓機器を試してみたい方は、必ず医師に相談してくださいね。

自己検査用グルコース測定器 新商品発売
1型糖尿病は、インスリン注射よりポンプが死亡リスク低下
1型糖尿病の子供にインスリンポンプ
スポンサーリンク

テーマ : 糖尿病   ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
サブカテゴリ
最新記事
糖尿病の民間療法
小麦若葉青汁濃縮エキス

・ブログ村
・人気ブログランキング
・FC2 BlogRanking

RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
医療情報サイト
妊娠・妊婦・不妊の最新情報
赤ちゃん元気に育て!
前立腺の最新情報
乳癌治療最新医療情報
脳の病気医療情報
子供小児の病気医療最新情報
関節・骨・筋肉の医療最新情報
子宮の病気治療最新情報
皮膚の病気医療最新情報
肺の最新医療情報
新薬承認最新情報
生活密着の健康医療情報
胃・腸・食道の最新医療情報
心臓・血管・血液の最新医療情報
ちこっと寄ってかない
腎臓・尿・膀胱の最新医療情報
うつ病関連の最新医療情報
ワールド・ヘルス・インフォ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。