スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

1型糖尿病は、長期作用型インスリンが良い

HOME>治療1型>1型糖尿病は、長期作用型インスリンが良い

中間作用型インスリンは血糖値低下が始まるまで1~3時間かかり16時間持続し、長期間作用型インスリンは血糖値低下が始まるまで約1時間かかり26時間持続します。

39の研究データの分析で、1日1回の長期間作用型インスリン投与と1日2回の中間作用型インスリン投与を比較した所、長期間作用型インスリン投与がより安全で効果的であることが分かりました。
また、中間作用型インスリンを投与した人は、長期作用型インスリン投与をした人より平均で4~6ポンド(1,8~2,7kg)体重増加しました。

そして、長期型は中間型より重度の低血糖症リスクが38%低くなりました。
長期と中期の比較は、モグロビンA1Cレベルの血液検査から調査しました。
インスリン投与は、コストと使用しやすさなどを医師や患者は考慮する必要があり、この情報はその検討に際し良いデータとなるとしています。(カナダ トロント、聖ミカエル病院の研究報告)
情報ソース=Drugs.com

初期の1型糖尿病は、集中治療で腎臓病を半減
1型糖尿病の子供の最適な血糖値変更
1型糖尿病は、インスリン注射よりポンプが死亡リスク低下
1型糖尿病の3人に1人はインスリンを産生する
スポンサーリンク

テーマ : 糖尿病   ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
サブカテゴリ
最新記事
糖尿病の民間療法
小麦若葉青汁濃縮エキス

・ブログ村
・人気ブログランキング
・FC2 BlogRanking

RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
医療情報サイト
妊娠・妊婦・不妊の最新情報
赤ちゃん元気に育て!
前立腺の最新情報
乳癌治療最新医療情報
脳の病気医療情報
子供小児の病気医療最新情報
関節・骨・筋肉の医療最新情報
子宮の病気治療最新情報
皮膚の病気医療最新情報
肺の最新医療情報
新薬承認最新情報
生活密着の健康医療情報
胃・腸・食道の最新医療情報
心臓・血管・血液の最新医療情報
ちこっと寄ってかない
腎臓・尿・膀胱の最新医療情報
うつ病関連の最新医療情報
ワールド・ヘルス・インフォ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。