スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

2型糖尿病治療薬スイニー錠の新たな副作用

HOME>薬の副作用>2型糖尿病治療薬スイニー錠の新たな副作用


2型糖尿病治療薬のスイニー錠100mg(販売名)=「アナグリプチン錠」(一般名)に、新たな重大な副作用が追加されました。


追加された重大な副作用:「急性膵炎」と「類天疱瘡」


「急性膵炎」=急性膵炎があらわれることがあるので、観察を十分に行い、持続的な激しい腹痛、嘔吐等の異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

「類天疱瘡」=類天疱瘡があらわれることがあるので、水疱、びらん等があらわれた場合には、皮膚科医と相談し、投与を中止するなど適切な処置を行うこと


・商品名:スイニー錠100mg

・一般名:アナグリプチン錠

・適応症:2型糖尿病

・用法及び用量

通常、成人にはアナグリプチンとして1回100mgを1日2回朝夕に経口投与する。なお、効果不十分な場合には、経過を十分に観察しながら1回量を200mgまで増量することができる


・禁忌(次の患者には投与しないこと)

1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

2. 重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者

3. 重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者


・重大な副作用

 低血糖、腸閉塞、急性膵炎、類天疱瘡


・副作用

便秘、下痢、胃炎、腹部膨満、腹痛、腹部不快感、血中アミラーゼ上昇、悪心・嘔吐、腸炎、鼓腸、消化性潰瘍、消化不良、胃食道逆流性疾患、発疹、そう痒、肝臓(ALT(GPT)上昇、AST(GOT)上昇、γ-GTP上昇)、めまい、貧血、白血球数増加、便潜血陽性、鼻咽頭炎、浮腫、CK(CPK)上昇、尿中血陽性、血中尿酸上昇、血中クレアチニン上昇、蜂巣炎、腎嚢胞など

・注意する併用薬
1、糖尿病用薬 
スルホニルウレア剤、
α-グルコシダーゼ阻害剤、
ビグアナイド系薬剤、
チアゾリジン系薬剤、
速効型インスリン分泌促進剤、
GLP-1受容体作動薬、
SGLT2阻害剤、
インスリン製剤等

2、血糖降下作用が増強される薬剤 
 β-遮断薬、
サリチル酸製剤、
モノアミン酸化酵素阻害薬、
フィブラート系薬剤
3、血糖降下作用が減弱される薬剤 
 アドレナリン
 副腎皮質ステロイド
 甲状腺ホルモン等
4、ジゴキシン

参照サイト:CBニュースおよび医薬品医療機器総合機構
スポンサーサイト

スポンサーリンク

テーマ : 糖尿病   ジャンル : 心と身体

2型糖尿病治療薬トルリシティの新たな副作用

HOME>薬の副作用>2型糖尿病治療薬トルリシティの新たな副作用

2型糖尿病治療薬のトルリシティ皮下注0.75mgアテオス(販売名)=「デュラグルチド(遺伝子組換え)」(一般名)に、新たな重大な副作用が追加されました。

重大な副作用:アナフィラキシー、血管浮腫

蕁麻疹(じんましん)、口唇腫脹、咽・喉頭浮腫、呼吸困難などの異常が認められた場合には、直ちに医師に報告の上、投与を中止し、適切な処置を行うこととしています。

・商品名:トルリシティ皮下注0.75mgアテオス
・一般名:デュラグルチド(遺伝子組換え)
・適応症:2型糖尿病
・用法及び用量
  通常、成人には、0.75mgを週に1回、同一曜日に皮下注射する

・禁忌(次の患者には投与しないこと)
1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
2.糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡
3.重症感染症、手術等の緊急の場合
4.1型糖尿病の患者

・重大な副作用
 低血糖、急性膵炎、腸閉塞

・副作用
 便秘、悪心、下痢、心拍数増加、食欲減退、消化不良、嘔吐、腹部不快感、腹痛、腹部膨満など

・注意する併用薬
1、糖尿病用薬 
 ビグアナイド系薬剤  スルホニルウレア剤  速効型インスリン分泌促進剤  α-グルコシダーゼ阻害剤  チアゾリジン系薬剤  DPP-4阻害剤  インスリン製剤  SGLT2阻害剤等)
2、血糖降下作用が増強される薬剤 
 β-遮断剤  モノアミン酸化酵素(MAO)阻害剤等
3、血糖降下作用が減弱される薬剤 
 アドレナリン  副腎皮質ステロイド  甲状腺ホルモン等
4、クマリン系薬剤 :ワルファリンカリウム

参照サイト:メディウォッチおよび医薬品医療機器総合機構

スポンサーリンク

SGLT2阻害薬が糖尿病性ケトアシドーシスに関連

HOME>薬の副作用>SGLT2阻害薬が糖尿病性ケトアシドーシスに関連

2型糖尿病治療薬であるSGL2阻害剤が糖尿病性ケトアシドーシス合併症のリスクを高める可能性があるという新たな研究発表がありました。

日本では、ジャディアンス錠 カナグル錠 デベルザ錠 アプルウェイ錠 ルセフィ錠 ジャディアンス錠 スーグラ錠などが、SGL2阻害剤の2型糖尿病治療薬として販売されています。
そして、糖尿病性ケトアシドーシスも稀に起こる事があると、薬剤の添付文書にも注意書きが記されています。
しかし、糖尿病性ケトアシドーシスは、一般的に1型糖尿病患者の合併症として認識されていますので、医師も患者も気にしていないのが現状のようです。

米国ボストンのブリガム病院の研究では、2万人の2型糖尿病患者のデータを分析しました。
SGL2阻害剤を服用している患者が、DPP4阻害剤の別のクラスの糖尿病薬を服用している患者より、糖尿病性ケトアシドーシスを発症する可能性が2倍高いことを発見しました。

しかし、いずれの患者に対するリスクも非常に少なくて、1,000人の患者の中で約1人だけが糖尿病性ケトアシドーシスを発症すると推定できました。

ですから、SGL2阻害剤は、糖尿病を抑制するのに非常に有効であり、血圧や体重を低下させるという利点もあるため、メリットは治療のリスクをはるかに上回ります。

しかし、上記したように2型糖尿病の合併症と認識さていないため、誤診の可能性も高いので患者自身も注意深く観察する必要があるとしています。

情報ソース:Drugs.com

スポンサーリンク

カテゴリ
サブカテゴリ
最新記事
糖尿病の民間療法
小麦若葉青汁濃縮エキス

・ブログ村
・人気ブログランキング
・FC2 BlogRanking

RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
医療情報サイト
妊娠・妊婦・不妊の最新情報
赤ちゃん元気に育て!
前立腺の最新情報
乳癌治療最新医療情報
脳の病気医療情報
子供小児の病気医療最新情報
関節・骨・筋肉の医療最新情報
子宮の病気治療最新情報
皮膚の病気医療最新情報
肺の最新医療情報
新薬承認最新情報
生活密着の健康医療情報
胃・腸・食道の最新医療情報
心臓・血管・血液の最新医療情報
ちこっと寄ってかない
腎臓・尿・膀胱の最新医療情報
うつ病関連の最新医療情報
ワールド・ヘルス・インフォ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。