スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

糖尿病関係の薬などの一覧 1

HOME>新薬その他>糖尿病関係の薬などの一覧 1

★ 日 本 (2012年9月~2017年7月)

~2型糖尿病~
・「カナリア配合錠(テネリグリプチン臭化水素酸塩水和物/カナグリフロジン水和物)」田辺三菱製薬
・「イニシンク®配合錠(アログリプチン安息香酸塩、メトホルミン塩酸塩)」武田薬品工業
・「トルリシティ(デュラグルチド(遺伝子組換え)」 日本イーライリリー
・「リキスミア皮下注300μg(リキシセナチド)」サノフィ
・「オングリザ錠(サキサグリプチン水和物)」 協和発酵キリン
・「エクア(ビルダグリプチン)」 ノバルティス ファーマ
・「ビデュリオン皮下注用2mgペン(エキセナチド)」
・「ザファテック(トレラグリプチンコハク酸塩)」 武田薬品
・「ジャディアンス錠(エンパグリフロジン)」 日本ベーリンガーインゲルハイム
・「シュアポスト錠(レパグリニド)」 大日本住友製薬
・「オングリザ錠(サキサグリプチン水和物)」 協和発酵キリン
・「エクア(ビルダグリプチン)」 ノバルティス ファーマ

~糖尿病黄斑浮腫~
・「アイリーア硝子体内注射液(アフリベルセプト遺伝子組み換え)」 バイエル薬品
・「マキュエイド(トリアムシノロンアセトニド)」 わかもと製薬

~インスリン~
・「ランタスXR注ソロスター(インスリン グラルギン[遺伝子組換え])」サノフィ
・「ヒューマログ注カート、同注ミリオペン(単独投与可能)」日本イーライリリー
・「リリー」 日本イーライリリー
・「ライゾデグ」 ノボ ノルディスク ファーマ
・「トレシーバ(Tresiba)」 ノボ ノルディスク ファーマ

~ジェネリック医薬品~
・ミグリトールOD錠「サワイ」(セイブルのジェネリック医薬品)沢井製薬
・ミグリトール錠25mg「トーワ」(セイブルのジェネリック医薬品 東和薬品

・インスリン製剤ランタス(=先行品名 サノフィ)のバイオ後続品の
インスリン グラルギンBS注キット「FFP」(インスリン グラルギン遺伝子組換え)
富士フイルムファーマ

~注射針~
「ペンニードルプラス」ノボ ノルディスクファーマ

★ 海 外 (2012年9月~2015年3月)

~2型糖尿病~
・「アジキシン[Adlyxin](リキシセナチド[lixisenatide])」 サノフィ
・「Xigduo XR(ダパグリフロジンとメトホルミン)」 アストラゼネカ
・「Trulicity(dulaglutide)」 イーライリリー社
・「INVOKAMET(カナグリフロジンとメトホルミン)」 ヤンセンファーマ社
・「Jardiance(empagliflozin)」 ベーリンガーインゲルハイム
・「Tanzeum(albiglutide)」 GSK社
・「Farxiga(dapaglifozin)」 ブリストル·マイヤーズスクイブ社
・「Invokana(canagliflozin)」 ヤンセンファーマ社
・「Lyxumia(リキシセナチド)」 サノフィ
・「Nesina=ネシーナ(アログリプチン安息香酸塩)」 武田薬品工業
・「Oseni(アログリプチンとピオグリタゾン)」 武田薬品工業
・「風野(アログリプチンとメトホルミン塩酸塩)」 武田薬品工業

~糖尿病黄斑浮腫~
・「Iluvien(シノロンアセトニド)」→ pSivida社
・「Eylea(aflibercept)」 リジャネロン社

~インスリン~
・「Tresiba」 ノボノルディスク社

~糖尿病吸入治療~
・「Afrezza(ヒトインスリン)」 Cubist Pharmaceuticals

~糖尿病性網膜症~
・「ルセンティス=Lucentis(ranibizumab=ラニビズマブ)」 ジェネンテック

情報ソース:新薬承認最新情報
スポンサーサイト

スポンサーリンク

糖尿病食後過血糖改善剤「セイブルOD錠」

HOME>新薬その他>糖尿病食後過血糖改善剤「セイブルOD錠」

これまでのセイブル錠は、楕円形のフィルムコート錠で飲み込むタイプでしたが、今回、追加承認された「セイブル(R)OD錠 50mg・75mg」は、口腔内崩壊錠で口腔内で速やかに崩壊し、水なしでも服用が可能です。
また、水とともに服用することも出来ることから、より多くの糖尿病患者に、食直前の服薬遵守が容易になると期待されています。

セイブルは、α-グルコシダーゼ阻害薬に分類される、糖尿病食後過血糖改善剤です。
食後1時間までに生じる早期の急激な血糖の上昇(グルコーススパイク)を強力に抑制することで、1日の血糖変動をなだらかにさせる効果があります。

・慎重投与
1、他の糖尿病用薬による治療が行われている患者
2、開腹手術の既往又は腸閉塞の既往のある患者
3、消化・吸収障害を伴った慢性腸疾患の患者
4、ロエムヘルド症候群、重度のヘルニア、大腸の狭窄・潰瘍等の患者
5、重篤な肝機能障害のある患者
6、重篤な腎機能障害のある患者
7、高齢者

・副作用
鼓腸、下痢、腹部膨満、低血糖

・重大な副作用
1、低血糖
2、腸閉塞
3、肝機能障害、黄疸
4、重篤な肝硬変での意識障害を伴う高アンモニア血症

・禁忌
1、重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡の患者
2、重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者
3、本剤の成分に対する過敏症の既往歴のある患者
4、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人

参考サイト:医療ニュース&三和化学研究所

糖尿病治療新薬一覧
2型糖尿病治療薬「ビデュリオン」ペン型
2型糖尿病治療薬「ザファテック」
スポンサーリンク

テーマ : 糖尿病   ジャンル : ヘルス・ダイエット

糖尿病性黄斑浮腫(DME)治療薬 Eylea

HOME>新しい薬>糖尿病性黄斑浮腫(DME)治療薬 Eylea

リジェネロン社のEyleaは、滲出型加齢黄斑浮腫の治療薬として、すでにFDA(米国食品医薬品局)から承認を得ていましたが、今回、糖尿病性黄斑浮腫の治療薬としても承認が得られました。
参考サイト:ロイター

Eylea(aflibercept)は、ヒト抗体フラグメントから形成される。これは、網膜の下で形成されるの新しい血管を保つことによって動作します。眼疾患の特定の型を持つ人々では、新しい血管は、血液および流体を漏出網膜下に成長する。これは、黄斑変性の「湿潤型」として知られています。

そして、Eyleaは、滲出型加齢黄斑変性症を治療と、血管の閉塞および糖尿病性黄斑浮腫に起因する網膜の腫れの治療に使用されます。

禁忌
・afliberceptにアレルギーがある場合
・目の中に腫れがある場合
・目の周りに細菌、真菌、ウイルスの感染がある場合

副作用
・眼の痛みや赤み、目の周りの腫れ。
・突然の視力の問題。
・光に対してより敏感になる。
・特に身体の片側の突然のしびれや脱力。
・突然の激しい頭痛、錯乱。
・話すことや身体バランスの問題。
・涙目。
・目のかすみ、
・まぶたの腫れ  など

糖尿病性黄斑浮腫(DME)治療薬 OZURDEX
糖尿病治療新薬一覧
スポンサーリンク

テーマ : 糖尿病   ジャンル : 心と身体

カテゴリ
サブカテゴリ
最新記事
糖尿病の民間療法
小麦若葉青汁濃縮エキス

・ブログ村
・人気ブログランキング
・FC2 BlogRanking

RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
医療情報サイト
妊娠・妊婦・不妊の最新情報
赤ちゃん元気に育て!
前立腺の最新情報
乳癌治療最新医療情報
脳の病気医療情報
子供小児の病気医療最新情報
関節・骨・筋肉の医療最新情報
子宮の病気治療最新情報
皮膚の病気医療最新情報
肺の最新医療情報
新薬承認最新情報
生活密着の健康医療情報
胃・腸・食道の最新医療情報
心臓・血管・血液の最新医療情報
ちこっと寄ってかない
腎臓・尿・膀胱の最新医療情報
うつ病関連の最新医療情報
ワールド・ヘルス・インフォ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。