スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

スージャヌ配合錠 2型糖尿病治療薬

HOME>新薬2型>スージャヌ配合錠 2型糖尿病治療薬

商品名:スージャヌ配合錠
一般名:シタグリプチンリン酸塩水和物/イプラグリフロジン L-プロリン配合錠
製造:MSD
薬価収載:2018年5月16日

禁忌(次の患者には投与しないこと)
(1)本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
(2)重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者
(3)重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者

効能又は効果
2型糖尿病
ただし、シタグリプチンリン酸塩水和物及びイプラグリフロジン L-プロリンの併用による治療が適切と判断される場合に限る。

用法及び用量
通常、成人には1日1回1錠(シタグリプチン/イプラグリフロジンとして50mg/50mg)を朝食前又は朝食後に経口投与する。

慎重投与(次の患者には慎重に投与すること)
1.中等度の腎機能障害のある患者
2.重度の肝機能障害のある患者
3.他の糖尿病用薬(特に、インスリン製剤、スルホニルウレア剤又は速効型インスリン分泌促進薬)を投与中の患者
4.次に掲げる低血糖を起こすおそれのある患者又は状態
(1) 脳下垂体機能不全又は副腎機能不全
(2) 栄養不良状態、るいそう、飢餓状態、不規則な食事摂取、食事摂取量の不足又は衰弱状態
(3) 激しい筋肉運動
(4)過度のアルコール摂取者
(5)高齢者
5.腹部手術の既往又は腸閉塞の既往のある患者
6.尿路感染、性器感染のある患者
7.脱水を起こしやすい患者

併用注意
(併用に注意すること)
1. 薬剤名等
糖尿病用薬:  インスリン製剤  スルホニルウレア剤  チアゾリジン系薬剤
2. 薬剤名
等 血糖降下作用を増強する薬剤:  β-遮断薬  サリチル酸剤  モノアミン酸化酵素阻害剤  フィブラート系薬剤等
3. 薬剤名等
血糖降下作用を減弱する薬剤:  アドレナリン  副腎皮質ホルモン  甲状腺ホルモン等
4. 薬剤名等
利尿作用を有する薬剤:  ループ利尿薬  サイアザイド系利尿薬等
5. 薬剤名等
ジゴキシン

重大な副作用
低血糖、アナフィラキシー反応、皮膚粘膜眼症候群、剥脱性皮膚炎、肝機能障害、黄疸、急性腎不全、急性膵炎、間質性肺炎、腸閉塞、横紋筋融解症、血小板減少、類天疱瘡、腎盂腎炎、敗血症、脱水、ケトアシドーシス

その他の副作用
頻尿、口渇、便秘など

情報ソース:医薬品医療機器総合機構

スポンサーサイト

スポンサーリンク

テーマ : 糖尿病   ジャンル : 心と身体

ビクトーザ適応症追加承認~米国

HOME>新薬2型>ビクトーザ適応症追加承認~米国

FDA(米国食品医薬品局)は、2型糖尿病治療薬Victoza(liraglutide)に新たな適応症を承認しました。
 承認日:2017年8月25日 
承認国:アメリカ(FDA) 
商品名:Victoza(ビクトーザ) 
一般名:liraglutide(リラグルチド遺伝子組換え) 
適応症:2型糖尿病 
新適応症 
2型糖尿病患者の心血管死、非致死的心臓発作、非致死的脳卒中の3要素のリスク低減 
2型糖尿病患者は、心血管疾患のリスクが4倍高いとされていますが、心臓血管死の22%の減少と全原因死亡の15%の減少を、ビクトーザにより恩恵を受ける事ができます。 
FDAは、2016年12月に2型糖尿病治療薬Jardianceを心血管疾患リスク低下薬として承認していますから、今回のビクトーザは2つ目の薬となります。 
情報ソース:Drugs.com

日本でも、Victoza(ビクトーザ)とJardiance は、すでに2型糖尿病治療薬として承認されています。 ですから、米国の承認によると、この2つの薬のいずれかを服用されている方は、心血管疾患のリスクが低減されている事になります。

スポンサーリンク

2型糖尿病治療薬「ビデュリオン」ペン型

HOME>新しい薬>2型糖尿病治療薬「ビデュリオン」ペン型

エキセナチドを有効成分とする2型糖尿病治療薬「ビデュリオン(R)」のペン型製剤(アストラゼネカ)が、2015年3月12日に製造販売を承認されました。

商品名は、「ビデュリオン皮下注用2mgペン」です。
ビデュリオンは、エキセナチドを有効成分とするGLP-1受容体作動薬で、世界で初めて週1回投与型の2型糖尿病治療薬として、2013年5月16日より販売されています。
週1回の投与で、安定かつ優れた血糖コンロトール改善効果があり、欧州を含む世界45か国で承認されています。

ビデュリオン皮下注用2mgのペン型製剤は、粉末薬剤と懸濁用液を含有するカートリッジがあらかじめ組み込まれていますから、専用注射針を取り付けて使用する単回使用となります。
従来型のシリンジ型製剤と比較すると、調製や投与にかかる操作手順がより少なくなり、自分で注射する事が簡単になると思われます。

このペン型製剤は、米国において2014年2月に米国食品医薬品局(FDA)が承認していて、2014年9月に販売が開始されましたまた、。EUでは2014年7月に承認されていて、現在の承認国数は32か国となっています。

参考サイト:医療ニュース

薬価は、ビデュリオン皮下注用2mgシリンジ型が3586円で、バイエッタ皮下注5μgペン300(500)が9937円ですから、きっと、ビデュリオン皮下注用2mgのペン型製剤も1万円位になるのだと思います。
  
糖尿病治療新薬一覧
2型糖尿病治療薬「ザファテック」
スポンサーリンク

テーマ : 糖尿病   ジャンル : 心と身体

カテゴリ
サブカテゴリ
最新記事
糖尿病の民間療法
小麦若葉青汁濃縮エキス

・ブログ村
・人気ブログランキング
・FC2 BlogRanking

RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
医療情報サイト
妊娠・妊婦・不妊の最新情報
赤ちゃん元気に育て!
前立腺の最新情報
乳癌治療最新医療情報
脳の病気医療情報
子供小児の病気医療最新情報
関節・骨・筋肉の医療最新情報
子宮の病気治療最新情報
皮膚の病気医療最新情報
肺の最新医療情報
新薬承認最新情報
生活密着の健康医療情報
胃・腸・食道の最新医療情報
心臓・血管・血液の最新医療情報
ちこっと寄ってかない
腎臓・尿・膀胱の最新医療情報
うつ病関連の最新医療情報
ワールド・ヘルス・インフォ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。