スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

オメガ6脂肪酸で2型糖尿病リスク低減


オーストラリアのジョージ・インスティテュート・オブ・グローバル・ヘルス研究所の発表によると、オメガ6の主な形態であるリノール酸の血中濃度が高い人は、低レベルの脂肪酸の人よりも2型糖尿病を発症する可能性が低いことを発見しました。

2型糖尿病は、身体がインスリン(血糖を調節するホルモン)を有効に使用できなくなった時、または、膵臓が十分なインスリンを産生しないときに発生します。
その結果、血糖値が高くなりすぎてしまいます。
健康な食事のが、 2型糖尿病を予防する最良の方法の 1つと考えられています。

オメガ6脂肪酸は、健康に不可欠であると考えられています。
そして、脳の機能を助けるだけでなく、皮膚や髪の成長にも重要な役割を果たし、代謝を調節し骨の健康をサポートするのに役立ちます。

しかし、体はオメガ6脂肪酸を生産することができないので、大豆油、ヒマワリ油、コーン油、ナッツや種子など、特定の食品からのみこれらの脂肪酸を得ることができます。

一方で、米国心臓協会(AHA)の最新のガイドラインでは、 オメガ6脂肪酸は炎症や心臓病の増加に関連しているため、毎日の総エネルギー摂取量の5~10%を以上を占めてはならないことを推奨しています。

一部の国においては、害に対する懸念に基づいて、低い摂取量を推奨しています。
心臓とオメガ6脂肪酸の研究はありますが、2型糖尿病との関連は分かっていませんでした。


研究では、米国、英国、ドイツ、フランス、フィンランド、オーストラリア、アイスランド、オランダ、台湾、スウェーデンを含む10カ国の49~76歳の合計39,740人の成人を対象に分析が行われました。

調査対象者は、当初は2型糖尿病ではありませんでしたが、1年間の追跡調査後、2型糖尿病の4,347例が新たに発生しました。

そして、参加者の血液をリノール酸およびアラキドン酸のレベルについて評価し、これらのレベルが2型糖尿病の発症と関連しているかを調査しました。

その結果、リノール酸の血中濃度が低かった参加者と比較して、オメガ6脂肪酸のレベルが高い人は、2型糖尿病を発症する可能性が35%低いことがわかりました。

血中オメガ6マーカーのレベルが最も高い人は、2型糖尿病を発症する可能性がはるかに低い事も分かりました。

これらの研究結果は、体格指数( BMI )、年齢、性別、人種、およびオメガ3脂肪酸のレベルを含む多数の可能性のある交絡因子を加味した上でも同様の結果に成りました。

しかし、アラキドン酸の血中濃度と2型糖尿病のリスクとの間に有意な関連は見られませんでした。

また、興味深いことに、以前の研究の害について、高レベルの食事性オメガ6多価不飽和脂肪酸が有害であるとは示唆していないとしています。

さらに、オメガ3とオメガ6の多価不飽和脂肪酸は競合するとの仮説が立てられていますが、この大規模で強力なコンソーシアム分析では、生理学的に関連する相互作用の証拠は見つかりませんでした。

この研究結果で注意しておきたいのは、分析に含まれる多くの研究が観察的であるため、高いリノール酸レベルと2型糖尿病リスクの低下との間の因果関係を証明するものではありません。
オメガ6の摂取量を増やして恩恵を受ける可能性があるという結果が得られたということです。

情報ソース=MNT(2017年10月)
スポンサーサイト

スポンサーリンク

ウェルダンの肉は、糖尿病リスクが高い

HOME>食事>ウェルダンの肉は、糖尿病リスクが高い

イスラエルの研究によると、良く焼いた(ウェルダン)赤身肉をたくさん食べる人は、慢性肝疾患と糖尿病リスク因子であるインスリン抵抗性の発症リスクが高い事が分かりました。

調査チームは、789名の成人を対象にして、食事や習慣に関するアンケートを行い、肝臓超音波スキャンとインスリン抵抗性検査も実施ました。

全体として、参加者の39%が非アルコール性脂肪肝疾患(NAFLD)を有し、31%がインスリン抵抗性を有することが判明しました。

ミディアムからウェルダンの焼き加減の肉を食べた人は、肝疾患を有する可能性が47%高く、インスリン抵抗性を有する可能性が55%高いと報告しています。

非アルコール性脂肪肝疾患とインスリン抵抗性の両方が、心臓病と糖尿病の両方のリスクを高める構成要素の症状です。

長時間高温で肉を焼く事は、肝臓病やインスリン抵抗性のリスクが高いことにつながると考えられます。

そして、高温で肉を焼くと複素環式アミン(HCA)として知られている化合物である発がん物質を形成しますが、これが、肝疾患とインスリン抵抗性の両方に関係しています。

この結果は、赤身肉および加工肉の高い消費量が、飽和脂肪およびコレステロール摂取および肥満、運動、喫煙およびアルコール消費などの他の危険因子に関係なく、肝疾患およびインスリン抵抗性と独立して関連していました。

ですから、インスリン抵抗性と非アルコール性脂肪肝疾患を防ぐために、動物のタンパク質源として魚、七面鳥、または鶏肉を選択する配慮が必要あるとしています。

この研究に参加していない研究者は、食事療法の推奨は、いずれの研究からも発展させるには複雑すぎるとしています。

情報ソース=ロイター

健康な食事とは、一概に規定する事は複雑すぎて艱難ではあるけれども、良く言われる「バランスのとれた食事」と言うことなんでしょうね。その上で、個別の病気に対応する事が良いのだと思います。

関連記事

スポンサーリンク

テーマ : 糖尿病   ジャンル : ヘルス・ダイエット

スルフォラファンが血糖コントロールの可能性

HOME>食事>スルフォラファンが血糖コントロールの可能性  

スウェーデンのイェーテボリ大学の研究によると、カリフラワー、ブリュッセルの芽およびブロッコリーなどの野菜に見られる化学物質スルフォラファンが、肥満のタイプ2糖尿病患者の頑固に高い血糖値の抑制に役立つ事を発見しました。

研究では、2型糖尿病患者97人(スカンジナビア人)を対象にしました。 ほとんどすべての人が2型糖尿病の第一選択薬であるメトホルミンを使用していて、彼らの大半はうまくいっていましたが、37人の患者がまだ血糖値を上手くコントロールしていませんでした。

97人の約半分は、通常の薬物療法に加えて、スルフォラファンパウダーを1日1回、12週間服用するようにランダムに割り当て、残りの半分はプラセボ(不活性)粉末を与えました。

その結果、肥満で血糖値のコントロールが不十分な患者にのみ有効でした。万能ではありませんでした。

この研究は小規模で短期間の研究であり、かつ、体内でインスリン(血糖調節ホルモン)を正しく使用できなくなったときに研究されていないので、直ちにスルフォラファンが血糖コントロールに使用されるものではないとしています。

今後の研究は、糖尿病予備軍の人たちが、糖尿病を発症しない為に利用できないかに主眼を置いて研究していくそうです。
情報ソース=Drugs.com
関連記事

スポンサーリンク

カテゴリ
新薬1型 (1)
新薬2型 (11)
新薬その他 (5)
薬の効果 (7)
薬の副作用 (11)
治療1型 (9)
治療2型 (8)
治療その他 (14)
食事 (24)
運動 (7)
糖尿 (1)
予防 (22)
リスク (28)
警告 (3)
サイトマップ (1)
リンク (1)
サブカテゴリ
最新記事
糖尿病の民間療法
小麦若葉青汁濃縮エキス

・ブログ村
・人気ブログランキング
・FC2 BlogRanking

RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
医療情報サイト
妊娠・妊婦・不妊の最新情報
赤ちゃん元気に育て!
前立腺の最新情報
乳癌治療最新医療情報
脳の病気医療情報
子供小児の病気医療最新情報
関節・骨・筋肉の医療最新情報
子宮の病気治療最新情報
皮膚の病気医療最新情報
肺の最新医療情報
新薬承認最新情報
生活密着の健康医療情報
胃・腸・食道の最新医療情報
心臓・血管・血液の最新医療情報
ちこっと寄ってかない
腎臓・尿・膀胱の最新医療情報
うつ病関連の最新医療情報
ワールド・ヘルス・インフォ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。